『ジミヘンの再来』言われすぎ!←何人ジミヘンいるんだよ!〜Gary Clark Jrのギターがとても良い。〜

【スポンサーリンク】


人気記事ランキング

『ジミヘンの再来』言われすぎ!←何人ジミヘンいるんだよ!〜Gary Clark Jrのギターがとても良い。〜

春はブルースが気持ち良い。
暖かさと冷たさの混ざった風を感じながらブルースのリズムに耳を傾ける。最高。気持ちよすぎる。
あとはアルコールがあればもう他に何もいらない。
そんな夜をいかに作れるかが、今のぼくの毎日の目標だ。


偉大なブルースマンに皆さまご存知の通りジミヘンがいるが、
今までに『ジミヘンの再来』みたいな肩書きで登場したアーティストは数多く、
『今までに一体何人ジミヘンいるんだよっ!』と突っ込んだ覚えも多いに違いないと思う。
まぁそのくらいあの手の音楽はジミヘンの影響が大きかったということなんだろう。


いやでも、ジョンフルシアンテなんて『白いジミヘン』だぜ?
ジョンフルシアンテはジョンフルシアンテジャンルだろあれは。


そんなクソほどに使い古された表現だけど、個人的にジミヘンくらい好きなブルースマンを紹介する。。


21世紀のブルースヒーローGary Clark Jr.(ゲイリークラークジュニア)。
来日公演もしているので、日本の知名度もだんだんと上がっていますね。





轟音ファズギターがジミヘンのそれを彷彿とさせる。しなやかだが粘りのあるボーカルも特徴だ。
アルバム一枚出した後に、すかさずライブアルバムを出した。
そのくらいライブパフォーマンスを大事にしているアーティストなんだろう。
うん。ブルースはライブの音が一番気持ちいいよ。
現代ブルースについて、昔からのオヤジブルースファンは結構厳しい目で見るのだろうけど、
このアーティストはまた温故知新とでも言おうか、聞いてみてもいいんじゃないかな。



所詮メディアでは『ジミヘンの再来』を使われているが、
ジミヘンはジミヘンでかっこいい。
そしてGary Clark Jrもかっこいい。
それでいいではないか。
これからの活動にも期待したい。


こちらもどうぞ。




【スポンサーリンク】


フォローしてみる?

この記事を書いてる人。

Profile image
Profile image
バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!
寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!

SNSでシェアしてみる?

『この記事良いな!』と思ったらシェアしてくださいませ。泣いて喜びます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

よく読まれている記事

おれの話。

More

音楽

More

映画

More

【スポンサーリンク】


  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • Tag Cloud

プロフィール

Profile image

Profile image

バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!

寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!





February, 2018
MTWTFSS
« Jul.  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 

【スポンサーリンク】