「ベースはモテる」と言い始めたやつ、ちょっと出て来いよ。〜Royal Blood〜

【スポンサーリンク】


人気記事ランキング

「ベースはモテる」と言い始めたやつ、ちょっと出て来いよ。〜Royal Blood〜

「ベースはモテる」と言い始めたやつ、ちょっと出て来い。

なんかミステリアスだし、指の動きが性的に魅力的とか、目立ちはしないけど縁の下の力持ちでカッコイイとか散々言いやがって。

ベースはモテねえ。
それは俺が証明した。

もともと俺はギターを弾いていたが、所詮ギタリストなんてこの世に腐るようにいるもんだから
ちょっとハズして、スカせるベースに手を出した。
そしてモテたかった。

「低音は女性の子宮に響くからベーシストはモテる」とか誰だ言い始めたの。
なんの根拠だおい。。。

しかも、ギターってライブ中ズッコケてもギターの自分しか犠牲にならないけど、
ベースでズッコケると、全パートが盛大にズッコケる場合もある。
残念ながらそんな責任感は俺は持ち合わせてはいない。

キレた俺は、そのベースを売っぱらい、
ギターエフェクターを購入し、競合の多いレッドオーシャンに再び飛び込んだのである。

しかし、ここにベースの可能性を引き出したバンドがいる。

その名はRoyal Blood

なんとベースとドラムの2ピースバンドだ。
二人組というと日本ではゆずとかコブクロとかが有名だが、
ロックなめんじゃねえぞ、そんな音楽でノレるかってんだ。

Royal Blood
まずは見ていただこう。
このためにyoutubeは存在しているのだから、活用させてくれ。

Royal Blood – Ten Tonne Skeleton

Royal Blood – Out of the Black

いかがだろうか。
英国はブライトン出身の2人組、話題のデビュー作からの曲である。
ワタシは初めて聞いた時はぶっ飛んだよ。

確かにベースでモテなかったのは自分の努力不足の部分も大きいだろう。
だが、そんなテクニック云々ではないベースの、また違った魅力を見せてくれる。

ギターならまだしも、彼が持ってるのベースなんだもん。。
ツェッペリンばりのリフをベースでかますって反則じゃないか。
狂暴さとUKロックの持つエモーショナルさを兼ね合わせたこの楽曲。
本国イギリスではNMEの表紙を飾るくらいかなりの知名度を誇るバンドである。

間違いなくモテモテだ。
ちょっとドラマー誰か来いよ。
俺と組まないか。

こちらもどうぞ。






【スポンサーリンク】


フォローしてみる?

この記事を書いてる人。

Profile image
Profile image
バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれたホームレス。

夜は俺たちのモノだよ。
さあ宇宙の話をしよう。

ドキドキするようなイカれた人生。
Thank You Rockers. I Love You Baby.

人生は冒険。
できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!
寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ。

SNSでシェアしてみる?

『この記事良いな!』と思ったらシェアしてくださいませ。泣いて喜びます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

よく読まれている記事

おれの話。

More

音楽

More

映画

More

【スポンサーリンク】


  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • Tag Cloud

プロフィール

Profile image

Profile image

バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれたホームレス。

夜は俺たちのモノだよ。
さあ宇宙の話をしよう。

ドキドキするようなイカれた人生。
Thank You Rockers. I Love You Baby.

人生は冒険。
できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!

寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ。

November, 2019
MTWTFSS
« Jul.  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

【スポンサーリンク】