ところでサブドメインとサブディレクトリ何が違うの?

【スポンサーリンク】


人気記事ランキング

ところでサブドメインとサブディレクトリ何が違うの?

ちょいと自分とこのサイトの設計をどうするかって問題で、
今更ながらサブドメインとサブディレクトリの違い・使い分けを調べてみたのでメモ。

サブドメインとは

yahooのサイトが分かりやすいのでyahooを例にします。
まず、http://www.yahoo.co.jp/
これがルートドメインです。

それに対して、yahooではオークションや知恵袋なんかも運営していますよね。

Yahoo!オークション: http://auction.yahoo.co.jp/
Yahoo!知恵袋: http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

Yahoo!JAPANの「yahoo.co.jp」に対して、「auctions」や「chiebukuro」がサブドメインに当たるという考え方です。

サブディレクトリとは

同じくyahooで例えてみると、まずルートドメインは、
http://www.yahoo.co.jp/ですよね。

ここにサブディレクトリを作ったとしたら、
http://www.yahoo.co.jp/auctionsや
http://www.yahoo.co.jp/chiebukuroということになります。

それでどういう違いがあるの

基本的には
「本体に対して、同じテーマ内のより詳細なコンテンツである場合にはサブディレクトリ、テーマや役割が異なるコンテンツである場合にはサブドメイン」という考え方で良いと思います。
Yahoo!JAPANは超巨大なサイトですが、
Yahoo!知恵袋はQ&Aサイト、Yahoo!オークションはオークションサイトです。

Yahoo!の名を持つサイトではありますが、サイトとしての性質と目的がそれぞれ異なる独立したものですので、この場合はサブドメインで切り分けるのが自然ということになります。
yahooショッピング内のカテゴリで例えると、「メンズファッション」「レディースファッション」などのカテゴリがありますよね。
その場合は、同じショッピングサイトの中で、単にそれぞれ異なるカテゴリを表すページですので、この場合にはサブディレクトリで同一サイト内で展開するのが良いです。

SEOの観点で言うと

SEOの観点で言えば、サブディレクトリで展開している場合であれば、他のページに対して向けられた外部リンクに
それが全てルートドメインに蓄積されます。
サイト内でどのページでリンクを獲得しても、それが内部リンクを通じてサイト内に行き渡って、直接サイト全体の評価の向上につながります。

一方サブドメインとして切り分けられた場合、サブドメインに向けられた被リンクのパワーは、
ルートドメインに直接蓄積されるわけではなく、リンクを通じてリンク先に流すという間接的なものになります。
つまりサブドメインのサイト一つ一つがそれぞれ強化されていかなければいけないのです。

敢えてサブドメインを切ることで得られる特別なメリットはあまりないんじゃないかと思います。
なので、サイトの構造上の問題、運用上の都合などを優先してどちらを選択するかを検討されると良いと思います。

特に「サイトとして切り分ける」という事情がない場合にはサブドメインよりもサブディレクトリでの展開が一般的で、SEOの観点からも望ましい場合が多いと思います。

yahooがサブディレクトリではない理由

ってことでサブドメインに何のメリットもないと感じるたりもするのですが、
なんでyahooはサブドメインなんでしょう。

おそらく、サイト内でテーマがバラバラになってしまう点と、解析がゴチャゴチャになる点ではないでしょうか。

基本的にSEOを行う上で、サイト全体として1つのテーマを持ち、各コンテンツ毎に情報がテーマ別にまとまって整理されているということは基本中の基本と思うのですが
ポータルサイト、知恵袋、オークション、ニュース、天気情報などが一つのサイトの中に混在していた場合、単に色んなコンテンツを1サイトにグチャっとまとめただけのテーマの一貫性の薄いサイトになってしまいます。

テーマやサイトとしての役割や目的、ターゲットとするユーザーがそもそも異なるので、同じサイト内で展開する必要はありません。1つのサイトで1つのテーマ、はSEOでの基本中の基本ですから。
テーマ濃度を濃くするということを考えているのかもしれません。

また、サイトのテーマやユーザー、目標やKPIが全く異なるものをサイト内でまとめて解析することはまるでナンセンスです。
これは、それぞれ独立して解析を行わなくてはなりませんし、無理やりサイト内で解析を切り分けることもできなくはないと思いますが、解析するときにごちゃついてやりづらくなるかもしれません。

設計上の問題も大いに関わってくると思いますが、こういった理由から、Yahoo!はサブドメインでのサイト展開を行っているのではないかと思われます。

結論

結論としては、まずは「本体サイトのテーマの中の1コンテンツ」という考え方ならサブディレクトリで展開。
「本体サイトとは役割や目的、サイトのテーマが異なる」場合にはサブドメインでの展開が自然なのかな。

あとは設計上やら、サイトにどんなゴールを持つのかでも変わってくると思います。

わリと今さらの知識でしたが、調べてみないとよく分からない状態でしたー。

【スポンサーリンク】


フォローしてみる?

この記事を書いてる人。

Profile image
Profile image
バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!
寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!

SNSでシェアしてみる?

『この記事良いな!』と思ったらシェアしてくださいませ。泣いて喜びます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

よく読まれている記事

おれの話。

More

音楽

More

映画

More

【スポンサーリンク】


  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • Tag Cloud

プロフィール

Profile image

Profile image

バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!

寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!





September, 2018
MTWTFSS
« May  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【スポンサーリンク】