【スポンサーリンク】


人気記事ランキング

<SUMMER SONIC 2016>伝説の「Creep」の再演はあるのか!【東京セトリ更新】

<SUMMER SONIC 2016>伝説の「Creep」の再演はあるのか!【東京セトリ更新】

<SUMMER SONIC 2016>第1弾出演者が発表されましたー!

2016年8月20日(土)21日(日)に、千葉・QVCマリンフィールドおよび幕張メッセ、大阪・舞洲サマーソニック大阪特設会場にて開催される<SUMMER SONIC 2016>。
第1弾出演者が発表されました!

レディへキタ!

レディオヘッド
1985年にオックスフォードで前身バンドを結成。1992年のメジャー・デビュー以降、外部ミュージシャンの起用は多いものの、同じパーマネント・メンバーで活動している。
彼らのルーツであるポスト・パンクやオルタナティヴ・ロックの大枠に、ポストロックや電子音楽、ジャズ、クラシック、現代音楽などを混交した多彩な音楽性や、アルバムごとの急進的な実験性・変化が特徴。また、ソロ活動も盛んである。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第73位。

ぼく個人的にも、偉大なバンドの一つだと思っているレディオヘッド!
バンドとしては「SUMMER SONIC 03」以来の登場ですね!

音楽性は今となってはエレクトロニカやダブの要素が大きくなっているのですが、
ロックなんですよ結局、やってることが!

デビューから3枚はギターロック全開な、いわゆる「UKロックバンド」でしたが、
世界の音楽ファンに衝撃を与えた4枚目の問題作「kid A」で、その今までの自らの音楽を全否定しエレクトロニカ路線に。
そしてアメリカ、イギリスチャート1位に。

この「kid A」は個人的に一番聴いたアルバムかもしれない。
のちに、スペシャルエディションとか、デラックスエディションやら出て、
一体何枚買わせんだってくらいのアルバムですが。。!

そんなレディオヘッドがサマソニにやってきます!

【スポンサーリンク】


封印された「Creep」

音楽ファンならこの時の興奮は忘れられないでしょう。

レディオヘッドには「Creep」という曲があります。
レディオヘッドが世に出たきっかけにもなったロック史に残る名曲です。

1992年にデビューしたレディオヘッドですが、当時はまともにメディアに相手にされることがなかったのです。
セカンド・シングルとしてリリースされた、今では伝説の曲のこの「Creep」も、その年の全英チャートでは75位どまりだったんですよ。

しかし徐々にラジオを中心に「Creep」がヒットしていくのです。
チャートで1位に輝いたレディオヘッドは、アメリカで最初に人気に火がつきました。

この「Creep」によって世界から注目を集めたレディオヘッドですが、同時にこの曲によって辛い立場にも追い詰められました。
当時のライブに来た客の多くは「Creep」を聞くのが目的で、他の曲には全く興味がありません。

しまいには、各メディアからも「一発屋」と呼ばれるなど、バンドはどんどん苦しい方向に。。

その後リリースしたセカンドアルバム『The Bends』がヒットして、
レディオヘッドは改めて評価をされるのですが、98年以降は「Creep」ほとんど封印していました。

このサマソニ2003でも日本のファンの間では、生で聞くことはできないんだろうなと誰もが思っていました。

しかし!
アンコールのラストで聞こえはじめたイントロは、まさかのセットリストにも入っていなかった「Creep」だったのです!!

なぜこの時、レディオヘッドが突然「Creep」を演奏したのか、理由は定かにはなっていません。
謎が残るが素晴らしいパフォーマンス、封印された伝説の曲がこの日本に響き渡ったのです!

これが伝説の「Creep」

But I’m a creep, I’m a weirdo
What a hell am I doing here?
I don’t belong here

だけど俺はウジウジしていて、どうしようもない奴なんだ
俺は一体ここで何やってんだ?
居るべき場所ではないのに

これでもかってくらいネガティヴな歌詞をエモーショナルに歌うトム・ヨークのヴォーカルと、
一発のカッティングで世界を変えたと言われるジョニー・グリーンウッドの歪んだギター。

歌詞はトム・ヨーク自身の若い頃の苦悩そのもので、出口のない孤独感に苛まれていたのだと後に言っていました。

サマソニ2003の会場全体がレディオヘッドの5人と一体となり、
ファンもバンドも充実した空間を完成させたからこそ、セットリストにはなかった「Creep」の封印が解かれたのでしょうか。
この時のライブはサマーソニック史上でも、特に素晴らしいライブとして今も語り継がれています。

2016年も伝説は生まれるのでしょうか!?
楽しみですね!

追記

サマソニ2016 Radioheadセトリ。
完璧なセトリじゃんかこれ!
そしてCreepもキター!!

Radiohead サマーソニック東京セットリスト

01.Burn The Witch
02.Daydreaming
03.Decks Dark
04.Desert Island Disk
05.Ful Stop
06.2+2=5
07.Airbag
08.Reckoner
09.No Surprises
10.Bloom
11.Identikit
12.The Numbers
13.The Gloaming
14.The National Anthem
15.Lotus Flower
16.Everything in its Right Place
17.Idioteque
===
18. Let Down
19. Present Tense
20. Nude
21. Creep
22. Bodysnatchers
23. Street Spirit

こちらもどうぞ。





【スポンサーリンク】


フォローしてみる?

この記事を書いてる人。

Profile image
Profile image
バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!
寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!

SNSでシェアしてみる?

『この記事良いな!』と思ったらシェアしてくださいませ。泣いて喜びます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

よく読まれている記事

おれの話。

More

音楽

More

映画

More

【スポンサーリンク】


  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • Tag Cloud

プロフィール

Profile image

Profile image

バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!

寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!





February, 2018
MTWTFSS
« Jul.  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 

【スポンサーリンク】