【HIGHWAY61】ライブに行きたい!そんな時は、彼らを聞くべし!!

【スポンサーリンク】


人気記事ランキング

【HIGHWAY61】ライブに行きたい!そんな時は、彼らを聞くべし!!

いろいろあったが、ライブバンドであれHIGHWAY61

日本語パンクのあの流れを知っている人にまず知らない人はいないだろうバンドのひとつ。
やんちゃで、とんがってて、とにかく、レコードという曲がライブで盛り上がる。
そんな印象じゃないだろうか。
彼らのことを、ぜひウィキペディアなどで調べていただければいいのだが、残念でしかたなかったのは、盗作騒動があって事務所を解雇になってしまったこととレコードの回収や新聞の一面に掲載されたり大変だったことだろう。

ちょうど、彼の楽曲を多くの方々に聴いてもらえるかも!となっていた矢先であった。
それまでも、野外ライブをして人が集まりすぎて、警察が出動する騒ぎになったり、いろいろと当時は注目されていた。
そんな、彼らのことを書かねば!とおもったのは、シンプルな音の扱い方や、力強さについて、知ってるだろうか!?ということを紹介したいのだ。

まずはこれ。POWER TO LIVEを聞いて欲しい。

HIGHWAY61 – POWER TO LIVE

HIGHWAY61 - POWER TO LIVE

これほど日本語パンクの世界では、超有名な曲ではあるが、世間的には浸透してはいないだろうな。
それが残念でならない。これほど、パンクな生き方をしているバンドでリスペクト精神にあふれていて更にキャッチーなのに。

ライブで誰もが超盛り上がる定番!

レコードはHIGHWAY61を語る上で欠かせないだろう。

HIGHWAY61 – レコード
HIGHWAY61 – レコード

HIGHWAY61 - レコード

「33回転!」「33回転!」と叫びくるくると回るのが楽しい。
、歌うと盛り上がること間違いなしである。
ぜひ、仲間とカラオケに行った時なんかにやってみてほしい。絶対に盛り上がる。
これほど楽しいパンクロックを作り出せるアーティストで、初期衝動みたいなところがしっかりと音楽に出来ているようなのが彼らのひとつの魅力。
誰しも持っている若さや、「なれない自分になろうとする力」みたいなものが、バンドサウンドに乗っかって、圧倒するパワーを持っている。

「POWERTOLIVE」もそうだが、ライブで盛り上がるために作られている気がする。
踊るため、そして、観客と歌うために。ライブバンドである所以はそこにあるだろう。
ライブハウスでの盛り上がりこそ、真実であり、本物だと信じたバンドだと思う。
そんな印象がしてならない。

部屋の片隅で聞いて欲しい。

Highway 61 – Living (audio)
Grupo japonés Highway 61 Living

Highway 61 - Living (audio)

この曲をぜひとも聞いて欲しい。虚脱感のモノローグのような歌である。
メロディックではるが、どこか朗読のような。身体から出てくる音に素直になりながら、日頃の力の抜けてゆるーい怒りに対して歌を曲にしたような。
そんな名曲である。

爆音ではなく、部屋の片隅で壁によっかかりながら、ヘッドフォンしてぼーっとしながら聞いて欲しい。
この曲のしみこみ具合が半端なく心地いいだろう。
このバンドの奥深さを感じる一曲である。

あらゆるリスペクトを持つ彼らだからこそ、バラエティ豊かに楽曲を制作できるのかもしれない。
それが、このバンドを愛すべき点だし、ぜひともアルバムをゲットして曲を聞いて欲しい。

ライブバンドが好きなキッズには最高のバンドの一つになる雨こと間違いなしだ。

【スポンサーリンク】


フォローしてみる?

この記事を書いてる人。

Profile image
Profile image
バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!
寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!

SNSでシェアしてみる?

『この記事良いな!』と思ったらシェアしてくださいませ。泣いて喜びます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

よく読まれている記事

おれの話。

More

音楽

More

映画

More

【スポンサーリンク】


  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • Tag Cloud

プロフィール

Profile image

Profile image

バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!

寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!





May, 2018
MTWTFSS
« Jul.  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

【スポンサーリンク】