みんなRAVEN忘れてない!?【チバユウスケ・照井利幸】

【スポンサーリンク】


人気記事ランキング

みんなRAVEN忘れてない!?【チバユウスケ・照井利幸】

私は、外にいる時はiPhoneに音楽を入れて持ち歩いて聞いているのだけども、プレイリストってあるじゃないですか。
そこに様々なジャンルとかアーティストで分けているのだけど、
それで今日は我らがチバユウスケプレイリストをシャッフルして聴いていたわけです。

チバユウスケが参加している曲のお気に入りを片っ端からぶち込んだプレイリストである。
そしたら久々な曲が流れてきて頭を打ち抜かれたので皆様に報告したい。

まずは、聞いてみて。
これね。

Raven – Cherry Bon Bon

なあ。なんでこんなに弾いてるだけでかっこいいんだよ。
カメラ一台だぜ。

ご存知だろうか。

RAVEN。
RAVEN(レイヴン)は、日本のミュージシャン、照井利幸のソロプロジェクト。
2004年のROSSOの活動休止中限定の活動という形で1枚のアルバムを発表した。

元ブランキーの照井利幸のプロジェクト。
書いてある通り、たった一枚しかアルバムを発表していない。

ROSSOでチバと照井でやっていたのだけど、RAVENはあくまで照井のプロジェクト。
このプロジェクトには、元ブランキーの中村達也も参加している。

ミッシェルにブランキーって、おそらく高確率でファンが被ってるだろうから、このメンツに悶絶した方も多いことでしょう。
私もその一人だ。涙がこぼれてもいいくらいだ。
なんつープロジェクトだよ。

そうなると普段聞いたりしてるのがチバ・ベンジーの音楽だと思うのだけど、
この二人、やはりミッシェルとブランキーのイメージが一番にあるけどさ、
二人とも、よくよく考えてみると非常に活動的だ。

ベンジーは、BLANKEY JET CITY、SHERBETS、AJICO、JUDE、PONTIACSにソロ名義。
チバの方は、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、ROSSO、THE MIDWEST VIKINGS、Midnight Bankrobbers、そしてThe Birthday。
うん。これはなかなか多い。

ぼくたちファンはこの中でリピートをすることが多くなるけど、ぶっちゃけRAVEN超忘れてた!
照井氏スマン!!!マジスマン!!!

いや、でも久々に聴いたら、またブチ抜かれたわけよ。
2004年にリリースされたアルバム『限り無く赤に近い黒』に収録されているこの『Cherry Bon Bon』という曲。

チバ絡みの楽曲全ての中でもこれ好き。
この迫力と勢いある音はたまらないじゃないか。

照井のベースってやっぱいいんだよ。
特別難しいことなんてしていないのに、この存在感。
この人がいるとバンドに緊張感が出る。

チバのぎゃんぎゃんうるさいヴォーカルもかっこいいし、やーややーだの、おーぃえーだの真骨頂じゃないか。
歌詞もかなりチバってる。

ハイ!ハニー!ラブ・ミー・テンダー!
俺はほめられてるほうが
ハイ!ハニー!ラブ・ミー・テンダー!
伸びるタイプらしくて
あの娘の一言で 死んだり笑ったり
もっと甘やかしておくれよ
スィート・ラブ・ミー・テンダー!

ハイ!ハニー!ラブ・ミー・テンダー!
甘酸っぱいチェリー・ボンボンで
ハイ!ハニー!ラブ・ミー・テンダー!
俺を愛してくれよ
あの娘の一言で 死んだり笑ったり
もっと甘やかしておくれよ
スィート・ラブ・ミー・テンダー!

『!』つきすぎで、やたらハイテンションなのが伝わってくるようだ。
字に起こすと、ダサいだろ?

それがチバの凄いところの一つでもある。
この歌詞をギャグにせずに、こんなロックンロールに真面目に歌えるボーカリストなんてチバくらいしかいないだろ。
うん、めっちゃ褒めてますからねファンの皆さま。
私もチバファンである、どうか怒らないでほしい。

ハイの後に『!』、続いてハニーの後に『!』である。
まあとにかく『ラブ・ミー・テンダー!』な内容である。

このRAVEN、アルバムを通して聴いてみると、照井利幸のプロジャクトと言ってる通り、
彼が監督・制作した音楽のひとつの形だというのがわかる。
ベーシストである彼が手綱を握ったこのアルバムは、通して聴いてみると異様な集中力とテンションで聴く者を緊張させる熱をはらんでいる。

現在の照井氏がやっているような、静かで優しいながらも緊張感のある音楽は、この時のアルバムからもその世界観は感じ取れる楽曲がある。
全8曲中6曲をチバユウスケが作詞/メロディ/歌でゲスト参加という形。
その他にも中村達也や、女性ボーカルをゲストに迎えた楽曲も収録されていたりする。

この時の照井とチバの二人が交わった音楽は、
一つの自分を映し出してきたバンドが終わってから、
自分たちの新しい可能性を生身でつかみとろうとしている生々しさが、このRAVENの照井やチバのテンションからは伝わってくる。

RAVENカッコイイぜ。
決して忘れてはいけないぜ。

そして照井氏スマン。

こちらもどうぞ。




【スポンサーリンク】


フォローしてみる?

この記事を書いてる人。

Profile image
Profile image
バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!
寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!

SNSでシェアしてみる?

『この記事良いな!』と思ったらシェアしてくださいませ。泣いて喜びます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

よく読まれている記事

おれの話。

More

音楽

More

映画

More

【スポンサーリンク】


  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • Tag Cloud

プロフィール

Profile image

Profile image

バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!

寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!





June, 2018
MTWTFSS
« May  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

【スポンサーリンク】