伝説のスケボー集団。Z-BOYSを描いた映画【ロードオブドッグタウン】

【スポンサーリンク】


人気記事ランキング

伝説のスケボー集団。Z-BOYSを描いた映画【ロードオブドッグタウン】

ども、こんにちわ。
モテるためにはとりあえずなんでも手を出すハタユウスケです。

てことで、昔『モテ』を掴むためにスケボーにも手を出した時もあって、結果別にモテなかったのだけど、(スケボーとか関係なくワタシのせいですね。)
そこから趣味みたいなもんで、今でもたまーに乗ることもあるんだけど。

うん。やっぱり何かを始める時の、最初の動機は不純な方が一生懸命になれるよ!

その時に観て、好きになったスケボー映画の紹介です。

Lords of Dogtown

監督
キャサリン・ハードウィック

【ストーリー】
アメリカ西海岸ベニス・ビーチ周辺、通称 ”ドッグタウン”。この見捨てられた街で育ちながら、
世界のあら­ゆるカルチャーを巻き込んで時代を駆け抜けた少年たちがいた――。
栄光と戸惑い、仲間­との日々。70年代、エクストリーム・スポーツの先駆者となった少年たちの革命的実話­。

Lords Of Dogtown – Trailer
A fictionalized take on the group of brilliant young skateboarders raised in the mean streets of Dogtown in Venice, California. The Z-Boys, as they come to be known, perfect their craft in the empty swimming pools ofunsuspecting suburban homeowners, pioneering a thrilling new sport and eventually moving into legend. © 2005 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

Lords Of Dogtown - Trailer

伝説のスケボー集団。Z-BOYS

なにやら最近ハイテクなスケボーをよく見かけるようになった。
私の小さい頃はそんなハイテクなものなんてなかったもんだ。

私のスケボー人生の始まりは小学生の頃だ。
そんなハイテクっぽいわけでもないし、近未来風のデザインでもないし、いわゆる普通のスケートボードだ。

トリックを覚えるわけでもなく、ただ滑っていただけ。
ただ滑っているだけで爽快だし、スケボーを通じて新しい仲間とも繋がれるし本当に楽しかった。
そのうち坂道をひたすら下るというスピードの快感にハマって、結果大けがするまでやっちゃうんだよね!

子供ってそんなもんよ!
大怪我するまで危険度が計算できないという…

さて、そんなスケボーだが、見てるだけでも爽快な映画がある。

70年代にスケートボードを発端にさまざまなカルチャーを巻き込んで一世を風靡したZ-BOYSを描いた青春映画。
メンバーのステイシー・ベラルタが脚本を担当、ほかのメンバーも役づくりに協力している。

アメリカ西海岸。スケボー。スニーカー。VANS。空になったプールで滑る!
もう青春のオイシイシチュエーションそろい踏み!
ちなみに最初にプールでスケボーしたのはこの人たちなんだぜ。

Lords of Dogtown – Pool Skating
Pool skating scene.

Lords of Dogtown - Pool Skating

しかし、次第に彼らはストリートの枠にとどまらず、舞台をメインストリートに移すことになる。
頂点が近づいてくるにつれて、人やその周りの人たちって変わってくるもだ。

ここらへんはスケボーに限らずいろんな分野で共通することだけど、
ここは彼らのクールな価値観を見せてくれる。

物語の中で、テーマ的な扱いで「Wish You were Here」 が何度も流れる。
ピンク・フロイドの名曲をスパークルホースがカバーしたこの歌は、
もはやここにはいない「あなた」に向かって歌われている。

それは、生きて行くうえで環境、価値観が変わることもあるけれど、
「あなただけはずっとここにいてほしい」という物語のメッセージでもあるのだろうか。

爽快さだけではなく、ヒューマンドラマとしても素晴らしい作品だ!

マジで滑りたくなるぜ!

【スポンサーリンク】


フォローしてみる?

この記事を書いてる人。

Profile image
Profile image
バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!
寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!

SNSでシェアしてみる?

『この記事良いな!』と思ったらシェアしてくださいませ。泣いて喜びます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

よく読まれている記事

おれの話。

More

音楽

More

映画

More

【スポンサーリンク】


  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • Tag Cloud

プロフィール

Profile image

Profile image

バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!

寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!





February, 2018
MTWTFSS
« Jul.  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 

【スポンサーリンク】