社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由。

【スポンサーリンク】


人気記事ランキング

社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由。

経営書の類が好きで手に取るときが多い。
自分は経営者ではないんだけど、一社員が経営者のやってることや考えていることを少しでも理解できたり、
経営者からして、下に伝えづらいことも感じ取ることができれば自分の動きも変えることができるのは事実である。

そりゃ『社長が何考えてんのかわかんねー!』とか『言っていることの理解に苦しむ。』とか思ったり、
他社の方と話すときにそんな話になったりもするんだけど、同時にバカじゃ会社作って経営できないよな。。とか思ったりもするし、
じゃあなんでそんなことを思っているのかを本人が説明できないのなら、経営者が書いている本を読むと割と落とし込める部分も少なくないのです。

正直、現場の人間が経営者の考えてることなんて理解できないで当然なんです。
経営者じゃないんだから。当たり前。
その逆も然り。

だったら『現場の人間を通しての経営者の視点』を現場である限りは鍛える必要があると思う。
これも逆も然りで『経営者視点の現場の視点』というのがお互い考えられrてる企業は強いと思うんです。

社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由を読んだ。

筆者が経営していたベンチャー企業「ハイパーネット」における栄光と挫折を語った筆者によるノンフィクション。
1984年〜1997年の中で、アイディア一つでとてつもない成長をしてきた会社が、最後には倒産という結末をたどる。当時はベンチャーブームで、成長期には銀行が潤沢な資金提供をするが、最後には貸し渋りにより倒産に追い込まれるという内容。

単純に読み物として面白かった。
語り口調で、実際に話を聞いてるようで読みやすかった。
起業から倒産までの経営者の波乱万丈のドラマ。
経営というものは、なかなかのエグさがやはりある。

筆者の印象は、非常にアイデア、企画に優れており、とても行動力のある人物だと思う。
実際にシステムを作り上げるのは、彼の下で働く現場の人たちであって、まさにアイデアだけである程度まで登り詰めた男だ。
自分は『起業家』には向いているが『経営者』には向いていなかった。
日本には『起業家イコール経営者という風潮がある』と言っていたのが印象深かった。

なんだか後で考えてみればそりゃそうなるよなと、筆者も書いていたし、読みながら自分もこれやばいでしょとか思いながら読んでいたのだけども、
やっぱりその時の当の本人は正確な判断力というものを失うんだろうな。

内容は非常にリアルに書かれていて、登場人物の名前もほとんど実名。
ビルゲイツとか孫正義の名前が出てきて、ワクワクもする。

どのように事業展開をし、決断をしてきたか、どんな感情を持ったか。
そして、資金繰りに奔走し、銀行家とのやりとりなどが細かく分かりやすく書かれている。
でもまあ、現在の銀行のやり方とは時代からして、現在と変わっている部分も多くあると思いますが。
銀行というか、銀行員って怖いな、と。
紐解いていくと結構単純な仕組みで会社は潰れるんだということがよく分かる内容。

ものすごい勢いで成長して、
わずか1年で、「日本初の米ナスダックへの株式公開」の勢いから「破産」へと転がり落ちるそのスピード感は良くも悪くも見ものである。

去年読んだ『HARD THINGS』もなかなかのエグさのあるリアリティでやばかったのだけども、
こちらもなかなかそれと同じ感じがした。

『社長復活』という本も出しているみたい。
こっちも読んでみたい。

【スポンサーリンク】


フォローしてみる?

この記事を書いてる人。

Profile image
Profile image
バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!
寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!

SNSでシェアしてみる?

『この記事良いな!』と思ったらシェアしてくださいませ。泣いて喜びます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

よく読まれている記事

おれの話。

More

音楽

More

映画

More

【スポンサーリンク】


  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • Tag Cloud

プロフィール

Profile image

Profile image

バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はEC/Webディレクター、デザイナー、マーケター、ライター、カメラマン。
アパレルやレコード販売店で働いたのち、webの世界へ。

できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!

寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ!





February, 2018
MTWTFSS
« Jul.  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 

【スポンサーリンク】