おい、ギタリスト。ジミヘン聞くならエディヘイゼルのギターも聴けや。

【スポンサーリンク】


人気記事ランキング

おい、ギタリスト。ジミヘン聞くならエディヘイゼルのギターも聴けや。


突然だがおれは悲しいんだ。
この世にギタリストを名乗る人間は腐るほどいる。

そして、みんなそれなりに有名なギタリストを聞き込んだことだろう。
ジミヘン、クラプトン、ジェフベック、ジミーペイジなど、
ギタリストが通る道には必ずしも偉大なギタリストたちがいる。

だがしかし、どうしても言わせてくれ。
「なんでエディヘイゼルの名前が挙がってこないんだ!」

「どんなギタリスト好きなの?」
「んー、ジミヘンとか」
「あっ!じゃあエディヘイゼルも!?」
「は?誰それ?」

 

誰それじゃねえよ!
ジミヘン聞くならエディヘイゼルもだろうが!!

 

Eddie Hazel

1950年4月10日 生 米ニューヨーク州ブルックリン

1967年、17歳のときにジョージ・クリントンに誘われパーラメント(後にファンカデリック)で活動開始。1970年発表のサードアルバム「Maggot Brain」で才能を開花させます。
その後も「One nation under a groove」などPファンクの歴史に残るアルバムでリーダーシップをとりますが、次第にドラッグにのめりこむようになります。

1992年12月23日42歳で肝不全により死去。

いいギタリストなのにドラッグなんかやりやがってくそ野郎だな。

まあ確かにしょうがない、ぼくもギターマガジンやヤングギターなどを読みこんで生きてきたが、
大きく取り上げられたことなんてないぞ。
いや、さすがにあったかもしれんが、気づかないレベルだ。。
なぜだ。なぜなんだ。

だからどっちかといえば、ギタリスト道にとっては迷走だ。
迷走していたギタリストは知っているのかもしれない。
エディヘイゼルなど普通にギターやっていれば出会うことはない。
たぶんいい青春を過ごしたんだろうな。
ぼくなんて10代の頃から、こんな迷走かまして周りが誰も知らないギタリスト聞いていたのだから。。
まったく、ぼくの青春返せよ。

そうだ、君が正解なんだ。
普通に生きていれば出会うことはないんだよ。

ジミヘンやジミーペイジの話で盛り上がっている方が青春である。
だから、あまり馴染みのない名前かもしれんのは認めざるを得ない。

【スポンサーリンク】


ファンクなサイケデリックギター

そんなエディヘイゼルなんだが、
主に1970年代前半にPファンク軍団の一員として、ファンカデリックというバンドのギタリストとして活躍し、
多くの曲でボーカル・作曲を担当、ファンク、ブラックロック創成に携わったギタリストだ。

Pファンク軍団とは見るからにサイケな頭がいかれてるんだろうなと思わせる衣装を着てファンクを鳴らす軍団だ。
あの志茂田景樹先生の50倍はサイケな衣装だろう。
見た目はかなりやべえ。
現代の原宿なんかもかなりファンクなカッコした奴もいるが到底かなわねえレベルだ。
これがPファンクのボスのジョージクリントンだ。

wikimedia

wikimedia

そう、見た目は完全にぶっ飛んだホームレスだ。

しかしそのファンクな楽曲たちは、デラソウルやスヌープ・ドッグ、ドクタードレーなどブラックミュージック界隈でもリスペクトされサンプリングされまくっている。

このファンカデリックとギターのエディヘイゼルがいたからこそ、あのレッチリが誕生したといっても過言ではないぞ。
ジョンフルシアンテの演奏はエディヘイゼルの影響を色濃く感じることができるし、ソロアルバムではまんまパクッた、、いやインスパイアされてる曲もある。

それがこの曲だ。
全編にわたってギターインストの曲。
サイケデリックな歪んだギターの轟音が際立つ。

聴いてもらえばピンとくるだろうが、エディヘイゼル自身はジミ・ヘンドリックスの影響を強く受けていた。
卓越したセンス・技術を持ち合わせ、ファズ、フェイザーやディレイといったエフェクターを多様している。
ハードかつ黒人音楽の独特のノリを持ったファンクなギターサウンドは、ギタリストにとっても憧れを抱くほどのスタイルだ。

もしジミヘンを聴くのならエディヘイゼルも聴いておくれ。
知名度は確実に低いが、聴く価値はあるだろう。
卓越したセンスにファンクなギターがとても心地よい。
随所にみられる歪んだギターソロは多くのギタリストにも好まれると思うんだ。

こちらもどうぞ。





【スポンサーリンク】


フォローしてみる?

この記事を書いてる人。

Profile image
Profile image
バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はWEB/ECの世界で色々やってるお兄さん。

人生は冒険。
できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!
寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ。

SNSでシェアしてみる?

『この記事良いな!』と思ったらシェアしてくださいませ。泣いて喜びます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

よく読まれている記事

おれの話。

More

音楽

More

映画

More

【スポンサーリンク】


  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • Tag Cloud

プロフィール

Profile image

Profile image

バンドマン時代は世間にロックンロールをカマした結果、弾かれてホームレスやってました。

現在はWEB/ECの世界で色々やってるお兄さん。

人生は冒険。
できれば毎日泥酔して記憶を失くしながら生きていたい。
猫と二人暮らしのアラサー。

自由を手に入れるには戦うしかないんだよ!
好きなことはやれボケ! カモンロックンロール!

寄稿、お仕事の依頼、その他楽しいことがありましたら、yusuke@hatasuke.netまでご連絡くださいませ。



November, 2018
MTWTFSS
« Oct.  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

【スポンサーリンク】